<< 2018年12月31日のつぶやき | main | 2019年01月02日のつぶやき >>
2019.01.02 Wednesday

2019年01月01日のつぶやき

00:52
あけましておめでとうございます。旅にはじまり旅におわるような2018年でした。今年はどうなるかな。着実に歩みます。 #在来線女子 #下車印ガール https://t.co/M1GGuZ9M3q
01:15
年越しうどんを年が明けてからようやく食べました。年が越せた…。 https://t.co/Iy0lUnPadK
02:27
RT @78os2uoAvWFnodD: #おやすみなさいを詩的に言ってみる 今夜もいい夢見ろよ
02:31
汽車のクロスシートに身をゆだねて めいめい窓のそとを眺めている 終着駅の名前は朝です。 #おやすみなさいを詩的に言ってみる
11:18
元旦は鹿児島のお雑煮から。いただきます。旨煮は主人が作りました。 https://t.co/EWmYifptpS
11:40
ポスト開けて年賀状の束を手にしたときに(え、嵐から我が家に年賀状が…?)って一瞬どきっとするのはわたしだけじゃないと思うんです。
12:43
わ!すてきです、ありがとうございます! https://t.co/3RhfuWVuTh
12:51
10日後から出張ですか…そうですか…洗濯機2回目
14:21
RT @sdd2nd_lvb: 【スペシャルインタビュー・柴幸男編】 本番まで2週間を切った今、学生たちの本番へかける想いを訊くスペシャルインタビュー企画。 今回はその番外編。 『英雄』/『運命』の作・演出を務める柴幸男さんへのインタビューです! 是非ご覧ください! http…
15:07
2019年お知らせ、1(1/1更新) https://t.co/zx520OQIlo #jugem_blog
15:10
【お知らせ】 現代詩手帖1月号の「現代日本詩集2019」に「一端を担うものたち」を寄せています。読んでくださいね。 〈おおきな木製の食卓に集う /やがて婚姻を約束した/誰かと誰かが祝福されている//そのおおきな食卓が/かつて巨大な… https://t.co/IwweleW9yG
15:14
【お知らせ】 ろうけん鹿児島94号に、エッセー「こぼれおちたものもの」連載18回目が掲載されています。リンクからPDFでも読めます。 〈終着駅からはじめるって、なんだかとてもいい。つい数ヶ月前には予想していなかった旅の終わりから、… https://t.co/HjfQA44jzu
15:21
【お知らせ】 1/15(火)18:30-20:30 『山口をひらく』出版記念トークイベント 山口ゆめ花博のために山口のすべての土地を巡り、2年間にわたるアーティストの制作のお話を行います。 会場:スパイラルルーム(スパイラル… https://t.co/fUHDSsa2ed
15:58
RT @sankaku0000: ほんと目が霞むし絶対メガネだろこれと思ってゾフ行って計測してもらったら「0.9ありますけど…どうします?」って言われて「すみません」って言って帰ってきた
16:23
RT @siwrdr0924: しかし好きな現代の詩人もいる。辻征夫さんと三角みづ紀さんの二人だ。 この二人は感情を使って書いている。自分の心をペンでそっと、あるいはグシャリと掬い取って言葉にする。 そして決して偉そうな詩を書かない。普段も詩人ぽいことを言わない。 だからこの二…
16:24
そういうひとになりたいです… https://t.co/fqTXB5PDgk
16:25
ありがとうございます! https://t.co/smC58nW1zS
16:26
RT @neoblossom: 小田朋美さんの「グッバイブルー」に収録されている三角みづ紀さんの詩に小田さんが曲をつけた「北へ」という歌が素晴らしかったので歌詞をあげときました アルバムも全体的にこの冬の寒い季節にぴったりでおすすめです ピアノ、チェロ、しっとりとした歌 少ない…
16:26
RT @neoblossom: たどりつくなり たおれこむように 腹部をかかえて しゃがみこんだ 陣痛かもしれない あの港町まで つれていってください つれていってくれるだけで それで よいから 父親になれとは いわないから つれていってください 三角みづ紀「北へ」より
16:26
RT @neoblossom: 懇願して そのままたおれこんだ 気づいたら誰もいない からだから水分をうしなって 陣痛かもしれない 父親になれとは いわないから みずから望んだ 結末だから あたらしい名前だけ かんがえてください 三角みづ紀「北へ」より
23:25
起きたら あらゆるものが あたらしい #おやすみなさいを詩的に言ってみる
Powered by
30days Album