<< 2018年8月21日の日記 | main | 2018年8月23日の日記「ブリューゲルの缶かんを買ってもらう」 >>
2018.08.22 Wednesday

2018年8月22日の日記「嵐のなかでただ夢をみていた」

 

 

こちらの写真は、おたる水族館に行ったときのもの。

 

 

きのうは夕方、夜勤へでかけるひとに

おにぎりを持たせて、お見送りして、

しばらくパソコン作業をする。

 

だいすきな友達に電話をする。

 

20時くらいに集中力がきれたので、お薬飲んで眠る。

仮眠のつもりが本眠で、6時間眠っていた。

涼しくなったから夏の疲れがでたのかなあ、なんて

365日疲れています(テンションは高めで生きています)。

 

17年間飲み続けているステロイドで骨がぼろぼろだから、

まずは骨のお薬を飲む。30分静止。

 

夜中2時から作業しようとするも、

おそとは雨と風と雷で、じょじょに強まって、

身体が水にひたされたみたいに重い。

ぼそぼそ仕事をすすめるもなかなかうまくいかなくって、

窓のそとが明るんだらゴミを捨てにいった。

ゲラをひとつもどした。

 

雷がどんどん激しくなるも、音自体はこわくない。

どんな夢をみたか思い出そうとしていた。

たしか、わたしはたくさんの言葉を考えていて、

それはおおぜいのひとの名前なのだけれど、

まったく思い出せない。

 

7時すぎて、さすがに動かなきゃと栄養ドリンクを投入し、

ばばばっと作業をすすめた。

 

9時になったら朝食の支度をして、

10時になったら夜勤へ行ったひとが帰宅して、

ふたりで朝ごはんを食べる。

 

そこから手をつないで眠った。11時くらい。

起きたら手は離れていたし毛布もぐちゃぐちゃで、

また夢を忘れてしまった。

 

午後4時に起きて、夕食用に鮭を解凍し、

野菜の揚げ浸しをつくり、スギナ茶を煮だしている。

 

湿度がたかいから、お洗濯はしなかった。

 

いまからもう少し仕事をして、

夕食まえにお散歩へ行くとおもう。

 

夕食を終えたらお風呂にはいって眠るんだとおもう。

 

 

山口県防府市のたこ壷たち。

かわいいでしょう。

 

 

 

Powered by
30days Album