<< 2017年お知らせ、3(12/12) | main | 2018年8月22日の日記「嵐のなかでただ夢をみていた」 >>
2018.08.21 Tuesday

2018年8月21日の日記

 

 

あまりにも日記をないがしろにしていたから、

反省して日記を書こうとおもった。ごめんね日記。

出張中や、体調わるいときには書けないけれど。

 

あらためまして、はじめまして。

植物と伝統的工芸品を愛する詩人です。

 

いま、とても語学留学したくって、

でも連載もあり資料うけとりとかが難しくなっちゃうので、

留学するなら一カ月かな?という、ぐたいてきな目標があります。

 

昨夜は、はやくに眠ったので、

夜中2時に目が覚めてしまい、

本を読んで過ごしていました。

5時、朝がきたころベッドにもぐりこみ、もっかい眠る。

きづいたらお昼でした。

 

わざわざのパンと、ラムのカレーを食べて、

お風呂にはいって、

 

あ!今夜は主人が夜勤だから、わたしも「自宅夜勤」なのに、

いまおこなうべき作業がない!読みたかった本読もう!

 

と、夜のすごしかたを考えていたら、

ゆうがた、つよい雨と風の吹くなか、

ちっとも濡れていないポストを開けたら、

南日本新聞社から詩壇の投稿作品が。

さすがH記者、凄まじいタイミングと感動しつつ、

いまからいったん眠って夜中に仕事します。

 

わたしは仕事がすきなんだな。

 

昨日干して乾いた洗濯物はたたみました。

 

来週はまるっと大分出張です。

 

 

Powered by
30days Album