<< 新刊情報(2017年9月14日更新) | main | 2018年お知らせ、2(6/19) >>
2018.11.30 Friday

2018年お知らせ、1(3/10)

 

 

敬愛する山田勇男さんの上映会にてお話します。

2018年3月21日(水・祝)

 

インディペンデント映画界に輝く北極星、
映像綺術者集団「銀河画報社映画倶楽部」

夢と現のあわい――
目には見えない 気配甅犁憶瓩髻
フィルムに焼き付けた映像綺術者たちがいた。

1977年、寺山修司主宰「天井桟敷」出身の山田勇男、漫画家の湊谷夢吉を中心に札幌で結成された「銀河画報社映画倶楽部」。稲垣足穂、宮沢賢治らの作品をモチーフとした幻想的なイメージを、あふれるアイデアで8ミリ、16ミリフィルムに焼き付けた伝説の映像綺術者集団だ。
ぴあフィルムフェスティバル入選やベルリン国際映画祭での上映など、国内外で高く評価されながら初期作品がVHS化されたのみだった銀河画報社の映像作品が、処女作『スバルの夜』の公開40周年を記念して、全作品を待望のデジタル化。
このDVD『山田勇男+湊谷夢吉 共同演出 銀河画報社映画倶楽部 全作品集』の3月30日リリースを記念して、東京は下北沢ラ・カメラで刊行記念上映会(+先行特別発売)を3月21日に開催します。
イベント当日は、全8作品のうち3作品を貴重な8ミリフィルムで上映。また山田勇男監督に加えて、DVD特典ブックレットにエッセイを寄稿している詩人の三角みづ紀さんとライターの星希代子さん、銀河画報社元スタッフをゲストに迎えてのトークショーも行います。

<概要>
●日程:2018年3月21日(水・祝)
●13:30開場
●14:00開演
・上映「スバルの夜」(25分)、「家路」(25分)
・トーク第1部「銀河画報社の映画〜北海道という土地の記憶」
  山田勇男+三角みづ紀(詩人)+星希代子(ライター

●16:00開演
・上映「銀河鉄道の夜」(45分)
・トーク第2部「銀河画報社の時代」
  山田勇男+元スタッフ(予定)

 *終了後、懇親会あり(費用別途¥1,000)

●入場料:¥1,500(製作当時のポストカード付)

●会場:LA CAMERA/ラ・カメラ
 *下北沢駅から徒歩約10分/東京都世田谷区代沢4-44-12-2F

<DVD『山田勇男+湊谷夢吉 共同演出 銀河画報社映画倶楽部 全作品集』>
●収録作品
『スバルの夜』(1977年/25分/カラー/8mm)
『夜窓』(1978年/20分/カラー/8mm)
『海の床屋』(1980年/25分/カラー/8mm)
『家路』(1981年/25分/カラー/8mm)
『銀河鉄道の夜』(1982年/45分/カラー/8mm
『巻貝の扇』(1983年/12分/カラー/16mm)
『悲しいガドルフ』(1984年/20分/カラー/16mm)
『ボエオティアの山猫』(1987年/15分/カラー/16mm)
 *共同演出:山田勇男、湊谷夢吉
 *製作:銀河画報社

●¥5,500+税|204min|片面2層|COLOR|
●発売日:2018年3月30日
(下記発売元の通販サイトにて発売開始。順次、ギャラリー等でも販売予定)

●購入者特典(別送)
山田勇男氏による書き下ろし作品解説、チラシや脚本等の各作品資料、山田勇男・湊谷夢吉両氏の当時のインタビュー、各ジャンルで活躍中の執筆陣によるエッセイ、銀河画報社元スタッフによるコメントなど収録した特製ブックレット
*封入ではなく別送となりますので、DVDに封入されているハガキでお申込ください。

●発売元:虹霓社(http://kougeisha.net/) 

 

 

2018年3月18日(日)

前橋望景ポストカード完成記念vol.3 臨江閣

 

 

ご好評いただいております臨江閣ライトアップの期間延長(平成30年12月末日まで)、

前橋望景ポストカード第三弾「臨江閣」完成を記念し、

臨江閣別館を臨む前橋公園日本庭園茶室を、夜間特別開放いたします。

当日は詩人の三角みづ紀氏(第22回萩原朔太郎賞受賞者)による前橋望景ポストカードのために書き下ろした詩の朗読、

ポストカードのデザインを行ったアーティストの後藤朋美氏によるインスタレーションを行います。

是非この機会に、普段は夜間開放しておりません前橋公園日本庭園茶室より眺める臨江閣ライトアップをお楽しみください。
会場にて前橋望景ポストカード「臨江閣」の販売もございます。

 

日時:3月18日(日)午後5時30分〜午後8時まで
会場:前橋公園日本庭園茶室(大手町3丁目15)
定員:会場の混雑状況により入場を制限させていただく場合がございます。
入場料:無料
内容:午後5時30分〜開場
   午後6時30分〜三角みづ紀氏・後藤朋美氏の朗読とパフォーマンス
   午後8時 閉場

※当日は一部を除いて写真撮影が可能ですが、三脚のお持ち込みはご遠慮ください。
※臨江閣は日中館内をご覧いただけます。(観覧無料)
詳しくはこちらのページをどうぞ。

 

○臨江閣とは(前橋市)
http://www.city.maebashi.gunma.jp/…/230/266/270/p003282.html
○前橋まるごとガイド(前橋観光コンベンション協会)
http://www.maebashi-cvb.com/h…/building/rinkoukaku/index.htm

お問合せ先:
未来の芽創造課 027-898-6427

 

 

2018年3月17日(土)

第25回萩原朔太郎賞受賞者展覧会

記念対談「詩の封筒、あたらしい宛名」

 

岡本啓×三角みづ紀(第22回萩原朔太郎賞受賞者)

 

入場無料

定員100名(2月24日より文学館へ電話でご予約お願いします)

 

前橋文学館

〒371-0022

群馬県前橋市千代田町三丁目12-10

TEL:027-235-8011

FAX:027-235-8512

http://www.maebashibungakukan.jp

 

 

2018年3月3日(土)

2017年度南日本文学賞公開選考会

入場無料

 

■13:30〜14:10 
選考委員によるトークイベント
「これから書きたいあなたに読んでほしい1冊」

■14:30 公開選考会

 

【選考委員】

又吉栄喜

町田康

三角みづ紀

 

会場

南日本新聞会館 みなみホール 【アクセス】

鹿児島市与次郎1-9-33 TEL:099-813-5001

https://373news.com/_bunka/bungaku/

 

 

2018年2月23日(金)

読売新聞夕刊に、詩作品「獣たち」を寄せています。

 

 

オーストラリアの詩誌「Westerly」 に第2詩集『カナシヤル』のなかから

「プレゼント」の英訳と日本語での詩が掲載されています。
my poetry “The Gift” translated by English.

and this poem published in the Westerly Magazine. That is Australian magazine.
https://westerlymag.com.au

 

 

2018年1月1日発行

現代詩手帖2018年1月号「現代日本詩集2018」に、

詩作品「ソルトスプリング」を寄せています。

http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/

 

 

2018年1月1日発行

ろうけん鹿児島 90号に、
エッセー「こぼれおちたものもの」の連載14回目を寄せています。

http://www.kagoshima-roken.or.jp/rouken_kagoshima/index.html

 

 

 

Powered by
30days Album