<< 2017年05月10日のつぶやき | main | news >>
2017.05.11 Thursday

2017年お知らせ、1(3/31)

 

 

四元康祐さんがミュンヘンから一時帰国されます!

 

2017年4月23日(日)

四元康祐×三角みづ紀

「旅という日常と非日常のなかで」

『小説』『単勝にぼたぼたと、がさつで粗暴に』(思潮社) 刊行記念イベント

 

ドイツのミュンヘンで暮らす四元康祐さん。国内外を旅している三角みづ紀さん。

おふたりとも、旅という非日常を日常として生きながら、 言葉の表現をつづけておられます。

このたび、2冊の詩集を同時刊行される四元さんと、ドイツに滞在して綴った詩集『よいひかり』 を昨年八月に刊行した三角さんをお迎えして、お二人で詩の朗読とお話のセッションを行います。

聴きながら、言葉で旅をするような2時間。

ぜひご一緒ください。

 

出演・四元康祐、三角みづ紀

時間・15:00〜17:00(14:30開場)

入場料・1500yen+1 drink order

場所・本屋B&B

東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

 

http://bookandbeer.com/event/20170423_tabi34/

 

 

2017年3月31日(金)

読売新聞夕刊に、詩作品「綻びる」を寄せています。

 

 

2017年3月30日(木)

左右社のWeb連載「連詩 見えない波α」にゲスト参加いたしました。

#16を担当しております。連なりをぜひともお読みください。

 

----

連詩のコアメンバーは注目の若手詩人、暁方ミセイさん。詩人、比較文学者、翻訳家としてつねに複数のボーダーを横断しつづける管啓次郎さん。そして、詩人の石田瑞穂。三人の詩人たちがプロジェクトを受け継ぎ、東北はもとより毎月さまざまなジャンルからひろくゲストを招いて、東日本と世界を連詩でつなげてゆきます。

----

 

http://sayusha.com/webcontents/c16/p201703301723

 

 

 

千人仏プロジェクトの詩を書きました。

 

 

アートによる前進!東日本大震災「千人仏プロジェクト」展
ドキュメンタリー絵画・1000枚の足跡 in 岩手県大船渡(2017年3月13日〜3月23日 入場無料)

みんなが描いた「千人仏(千人菩薩教習楽面図)」は震災後の社会を象徴し、震災を後世に伝えるシンボルとなるアート作品です。
この度、大船渡リアスホールで初めて1000枚そろって展示されます。
<開催概要>
■会場:岩手県大船渡市民文化会館・リアスホール(展示ギャラリー)
岩手県大船渡市盛町字下舘下18-1 / TEL 0192-26-4478
■会期:2017年3月13日(月)〜3月23日(木) 9:00〜17:30 (火曜休館、最終日は12:00まで)

 

http://senninbutsu.com

 

 

織原良次さんの『透明な家具』に詩を寄せています。

 

日が暮れてから散歩に出かけた。
どこかから食事の支度のにおい、
どこかから子どものはしゃぐ声。
町の喧噪から 静かな部屋まで
明るい迷子の心持ちになるとき、
ふいに透明な家具は流れる。
ふいに季節を感じるように、

ふいに透明な家具が流れる。

 

 

織原良次『透明な家具』発売/発売記念実演即売会のお知らせ

この度フレットレス・ベース奏者、織原 良次は株式会社ソングエクス・ジャズとの連携のもと、アライアンス・レーベル「miD」を新たに立ち上げました。
同レーベルを主宰し織原が中心となって制作した作品を発表していきたいと思います。

「miD」第一弾(2017年3月29日発売)となる作品は、織原良次の活動の一つである"透明な家具"の初録音作品です。

※かねてから発売のお知らせを繰り返し正式にリリースに至らず、
各所からお問い合わせ、お声掛け、ご心配の声をお寄せ頂きましたが今回正式に2017年3月29日にリリースすることができる運びに相至りました。

『透明な家具』- 織原 良次
transparent funitures - Ryoji Orihara
miD - 0001 (SONG X 039)
https://www.youtube.com/watch?v=EX08hggM7Rg

SONG X JAZZ『透明な家具』販売ページ
http://www.songxjazz.com/release/透明な家具.html

『透明な家具』は、無形のインテリアである。
『透明な家具』は、フレットレス・ベース奏者、織原良次が描く無形のインテリア作品。設計された楽曲ではなく、空間に音を置くことにより動きだす時間が、音の快楽をもたらす。
無形のインテリアとしての『透明な家具』をお楽しみください。

 

------------------------------------------
織原良次「透明な家具」発売記念実演即売会

日時:2017/3/27(月)16:00-21:00
会場:フクモリ mAAch ecute神田万世橋店タナフクモリ
http://www.maach-ecute.jp
〒101-0041東京都千代田区神田

*フリーライブになりますのでお誘い合わせのうえお気軽にお立ち寄りください。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/2048359278729220/

 

フクモリ万世橋店ではこの度フレットレス・ベース奏者、織原良次さんのフリーライブを開催いたします。
全国各地で開催してきた「透明な家具」は形の無いインテリアのような音の作品を空間に配す試みのライブイベント。
思い思いに動き、話す人々の中で織原さんが包み込むような響きを重ねていきます。
その空気をも含んだ美しい作品がアルバム化されたのを機に、旧万世橋駅遺構をリノベーションしたタナフクモリの空間で「透明な家具」を開催していただきます。
プロダクトとしてのアルバム「透明な家具」と、その瞬間に立ち会う事で味わうライブ「透明な家具」。
ぜひこの機会に二つのインテリア作品をお手にしてください。
フリーライブですのでお食事、お買い物のついでにお気軽にお立ち寄りください。
------------------------------------------

「miD」は中道、そして自分のベーシストとしての中域主義への揶揄。
ツインギター、ベース、ドラムを視覚的にイメージしてアルファベットを配置したものです。
「miD」は今後、第一弾『透明な家具』に続き、第二弾として織原の楽曲を中心に演奏するカルテット『miD』(織原良次fretless bass/滝野聡gt/市野元彦gt/本田珠也ds)、第三弾として織原のライフワークであるベース・ソロ作品『HITORI(Solo)』、第四弾として織原の活動のドキュメンタリー『色彩感覚(仮)』、計四作品を発表していく予定です。

今後のリリースイベント、リリース予定など
http://mid-orihara.com/

ソングエクス・ジャズ
http://www.songxjazz.com/news/

 

 

2017年2月25日(土)

朗読で参加している山田勇男監督の『記憶』の上映があります。

アフタートークにも参加します。

 

 

〈前橋の美術2017関連8ミリフィルム上映会〉

藤口諒太が音楽を担当した山田勇男監督作品を前橋文化研究所にて上映致します。

上映後アフタートークを行います。


ヒカリトオト
山田勇男 藤口諒太

『少女オルフェ』 映像:山田勇男 音楽:あがた森魚 20分/カラー/2001
『記憶』 映像:山田勇男 音楽:藤口諒太 23分/モノクローム/2014
『白の上のモザイク』 映像:山田勇男 音楽:藤口諒太 35分/モノクローム+カラー/2015-16

アフタートーク(山田勇男 × 藤口諒太 × 三角みづ紀)

料金:1000円
日時:2017年2月25日(土)  20:00開演 
場所:前橋文化研究所(mbf)CAFEニャムコム
住所:〒371-0023群馬県前橋市本町2-18-8
JR前橋駅から徒歩約5分

http://frontbridge.web.fc2.com

 

共催 : 前橋の美術実行委員会、28285実行委員会 

 

 

2017年2月17日発売

「小説すばる」2017年3月号の「思い出ステーション」に、

スロヴェニアのスロヴェンスカ ビストリツァ駅についてエッセーを書いています。

 

http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp

http://amzn.asia/gPBcxL0

 

 

2017年3月4日(土)

南日本文学賞公開選考会があります。入場無料なので是非とも。

 

■13:30〜 新委員トークイベント [町田康氏 × 三角みづ紀氏]
■14:30〜 公開選考会

 

南日本新聞会館 みなみホール 【アクセス】

鹿児島市与次郎1-9-33 TEL:099-813-5001

 

 

公開選考会は3月4日午後2時半、鹿児島市与次郎1丁目の南日本新聞会館みなみホールで開く。

選考委員は作家の又吉栄喜、町田康、詩人の三角みづ紀の3氏。

午後1時半から、新任の町田氏と三角氏によるトークイベントもある。入場無料。
候補作7編をまとめた冊子は、2月中旬から選考会当日まで南日本新聞会館受付と県内の6図書館、

かごしま近代文学館(鹿児島市)、川内まごころ文学館(薩摩川内市)で閲覧できる。

また10日から、本社ホームページでも公開する。
希望者には1500円(送料別)で販売する。

住所・氏名・電話番号・希望部数を明記して、はがきかファクスで申し込む。8日必着。

〒890−8603(住所不要)、南日本新聞社事業部「南日本文学賞」係。

ファクス=099(813)5087、電話=099(813)5052。

 

https://373news.com/_bunka/bungaku/

 

 

2017年2月1日発行

現代詩手帖2月号[特集]ボブ・ディランからアメリカ現代詩へ

遠藤ミチロウさんとの対談「詩と歌のあいだで」が掲載されております。

 

http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/item_1804.html

 

 

2017年1月22日(日)

神戸新聞に、安水稔和著『一行の詩のためには』(沖積舎)の

書評を寄せています。

 

 

2017年1月17日(火)

北海道新聞夕刊で「北海道でことばを探す」のエッセー連載がはじまりました。

さっぽろ天神山アートスタジオ滞在中に全四回を書き下ろします。

週に一度の掲載予定です。

 

 

SLOW MOVEMENT

The Eternal Symphony 第二楽章の公演が決まりました。

わたしはあたらしい詩を書き下ろしています。

 

2017年2月11日(土)

 

2/11 Sat. at新豊洲Brilliaランニングスタジアム
The Eternal Symphony第二楽章、舞台は「大地」へ。

前作の続きとなる詩を元に、新たな物語を紡ぎ出していきます。
今回、演出・振付を手掛けるのは、ダンスのみならず、演劇、映画、テレビなど
幅広い媒体での表現活動に積極的に挑戦している森山開次。
昨年8月の選考会で選ばれた市民パフォーマーと共に創作に挑みます。

 

総合演出:栗栖良依

演出・振付:森山開次

詩:三角みづ紀

 

日程:2017年2月11日(土)開場14:00 開演14:30
会場:新豊洲Brilliaランニングスタジアム(東京都江東区豊洲6-4-2)
観覧料:無料
定員:150名予定
※要申込。応募者多数の場合は抽選。

 

プレスリリースはこちらから。

http://www.slowlabel.info/wp-content/uploads/2016/12/92e7fa187c07f33b1a2f0614e0fcd7f8-1.pdf

 

SLOW MOVEMENT

http://www.slowlabel.info/project/movement/

 

 

2017年3月11日(土)

図書館系ジャズユニット ・ライブラリ


蛯子健太郎(作曲、ベース)
橋爪亮督(サックス)
飯尾登志(ピアノ)
井谷享志(ドラム、パーカッション)
三角みづ紀(歌、即興詩、朗読)

開場19:30
開演20:00
料金 予約¥2500/当日¥2700

四谷 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F
TEL;03-3351-7904
http://gekkasha.modalbeats.com/

 

 

2017年1月1日発行
ろうけん鹿児島 86号に、
エッセー「こぼれおちたものもの」の連載10回目を寄せています。

http://www.kagoshima-roken.or.jp/rouken_kagoshima/index.html

 

 

Powered by
30days Album