<< あだな問題 | main | ホロホロチョウのよるをよむ >>
2016.04.19 Tuesday

2016年お知らせ、1(4/19更新)




2016年4月14日より南日本新聞の読者文芸で、
南日詩壇の選をつとめております。

http://373news.com​



2016年4月1日発行
ろうけん鹿児島 83号に、
エッセー「こぼれおちたものもの」の連載7回目を寄せています。

http://www.kagoshima-roken.or.jp/rouken_kagoshima/index.html



昨年からつくりあげてきたMMMプロジェクトです。
ひとりの人生から連作の詩を書き下ろし、一夜の舟になります。

4月25日(月)
MMM
ミヅキ・ヴィルデンハーン – percussive dance from ハンブルグ
三角みづ紀 –poem
田村夏樹 – trumpet
藤井郷子 – piano
井谷享志 – percussion

渋谷 公園通りクラシックス
東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
http://k-classics.net/



4月1日発売
『詩とファンタジー』第33号の「シリーズ 少女だったとき」に
エッセー「泣きたくもないのに」を寄せています。

http://kamashun.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=384653&csid=9​



3月23日発売
『別冊 詩の発見』第15号に、詩作品「根雪」を寄せています。
http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/​



3月27日
日本経済新聞に、金原ひとみ著『軽薄』(新潮社)の書評を寄せています。



2016年3月10日発売
小池昌代選著『恋愛詩集』(NHK出版新書)に、
第2詩集『カナシヤル』から「プレゼント」が収録されています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4140884835​

三角みづ紀と14人の流動書簡
「封をあける、風をやぶる、そらんじる」巡回展

2016/3/16(水)〜27(日)
昨年末にiTohen gallery(大阪市北区)で開催された展示をクァンタムギャラリーにて巡回展示する運びとなりました。まず詩人の三角みづ紀が詩を投げ、視覚表現を担当している7名の作家が絵、立体、写真で応えます。新たに生み出されたその作品を元に、もう一度 三角が詩で応え、その言葉の連なりを聴覚表現を担当する7名の音楽家に手渡しました。アーティストの間で繰り広げられた文通のような内容です。この機会に是非、ご来場ください。

【出展作家】
視覚表現:塩川いづみ、いぬ、sakana、植田志保、ookamigocco、ミロコマチコ、川瀬知代 
聴覚表現:YTAMO、小島ケイタニーラブ、森ゆに、木太聡、織原良次、坂東美佳、青木隼人

クァンタムギャラリー
東京都目黒区中根2-13-20レオナ都立大3F
http://q-gs.com

【関連イベント】
///お話の日///

3月21日(月・祝)
三角みづ紀+植田志保
14:00〜15:00
shiho-ueda.com
参加費¥1,000
出展作家の一人であり、三角みづ紀の第六詩集『舵を弾く』の装画を担当した 美術作家の植田志保と共に創作についてiTohen(大阪)の鯵坂が聞き手になり、トークイベントを開催致します。

///音楽の日///

3月16日(水)
青木 隼人+三角みづ紀
19:00〜20:00
http://grainfield.net
参加費¥2,000

3月21日(月・祝)
坂東 美佳+三角みづ紀
17:00〜18:00
http://micabando.com
参加費¥2,000

3月26日(土)
小島ケイタニーラブ+三角みづ紀
14:00〜15:00
http://www.keitaney.com
参加費¥2,000

3月26日(土)
YTAMO+三角みづ紀
17:00〜18:00
http://ytamooo.tumblr.com
参加費¥2,000

各会、30分前より開場しております。展示も合わせてお愉しみください。 参加をご希望される方はお名前、人数、ご連絡先を明記の上info@q-gs.com または080-5009-5212までお電話ください。



企画展「長野まゆみと詩人たち」

【開催期間】
2016年4月1日〜4月30日

【展示会場】
ジュンク堂書店池袋本店 3階文芸フロア壁面部分での展示

【企画展の紹介】
昨年、『冥途あり』(講談社)で「第43回泉鏡花文学賞」「第68回野間文芸賞」を受賞された小説家・長野まゆみさん。長野さんが綴る膨大な数の物語には、ふとした時に、宮沢賢治をはじめとする詩人や、詩が現れます。長野さんの物語を読んできた詩人たちが、長野さんの物語から詩を書き下ろしました。その書き下ろしの詩をはじめ、長野さんの原稿やイラスト、詩人・吉増剛造さんの書き下ろし原稿を、4月1日から4月30日の間にジュンク堂書店池袋本店様にて展示いたします。展示にあわせた特別なカタログも販売いたします。また、企画展の開催期間中、4月8日(金)と4月22日(金)にトークイベントを行いますので、ぜひご参加ください。

【トークイベント】
第一弾 4月8日(金)/19時30分から開演
場所 ジュンク堂書店池袋本店:4階喫茶室
トークテーマ 「物語がうまれるとき」
【出演者】
小説家:長野まゆみ×三角みづ紀×そらしといろ(敬称略)
4月8日のトークイベントの詳細は、ジュンク堂のWebサイトをご覧ください。
4月8日の予約は受付終了いたしました。

第二弾・4月22日(金)/19時30分から開演
場所 ジュンク堂書店池袋本店:4階喫茶室
トークテーマ 「わたしたちが詩人になるまでに出会った物語」
【出演者】
第一部……詩人:川口晴美×藤原安紀子×三角みづ紀(敬称略)
第二部……詩人:田野倉康一×望月遊馬×そらしといろ(敬称略)
4月22日のトークイベントの詳細は、ジュンク堂さんのWebサイトをご覧ください。

※イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=1​



文学にとどまらず、多彩なジャンルで活躍されている詩人の三角みづ紀さんと、
音楽家の坂東美佳さんによる詩の朗読と音楽のパフォーマンスです。
ことばと音で紡ぎだされる世界をお楽しみください。


3月20日(日)
「詩を聴く、詩を唄う、詩を感じる」
出演:三角みづ紀(詩人)、坂東美佳(音楽家)

14:00〜15:00(開場13:30)

会場:千代田区役所1階 区民ホール
定員:100名/事前不要、先着順、立見可(参加費無料)
主催:千代田区読書振興センター
問い合わせ:千代田区読書振興センター(千代田図書館内)
TEL 03-5211-4289・4290(平日午前10時〜午後6時)
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20160215-18069/




前橋文学館での「詞の力」〈全国文学館協議会共同展示 3・11文学館からのメッセージ〉に
詩作品「音紋」で参加いたします。

参加詩人:伊藤比呂美、和合亮一、三角みづ紀
会期:2月27日〜3月21日

前橋文学館
群馬県前橋市千代田町三丁目12-10
TEL:027-235-8011
http://www.maebashi-cs.jp/maebashibungaku/



「ミチロウ祭り!〜死霊の盆踊り〜第3夜」に出演いたします。

上映:映画「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」
(監督:遠藤ミチロウ、配給:シマフィルム株式会社)
トーク:遠藤ミチロウ、盛島貴男、三角みづ紀
ミニライブ:盛島貴男、三角みづ紀+井谷享志

開場18:30
開演19:00
料金 ¥2000+ドリンク

学芸大学APIA40
東京都目黒区碑文谷5-6-9 B1 
03-3715-4010
http://apia-net.com

お問い合わせは、
music@apia-net.com まで。



SLOW MOVEMENT - The Eternal Symphony 1st mov.-
横浜公演

日程 2016年2月6日(土)、7日(日)
場所 象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1丁目)
時間 パフォーマンス6日(土)15:00〜、7日(日)14:00〜 / 16:00〜(各回約30分、入場無料)

詩人・三角みづ紀が本プロジェクトのために書き下ろした一篇の詩を、サーカスアーティスト・金井ケイスケを中心に、一般公募で選ばれた年齢、性別、職業、障害の有無を越えた多様なパフォーマーがワークショップを重ねて参加型のパフォーマンス作品に仕上げます。見る見られるの境界を超えて、人の動きや気配が共鳴し自然の光と音が紡がれる。楽譜の迷宮に迷い込んだような身体と五感を使って楽しむ交響曲。
人間の身体と先端技術の融合によって描かれるオーガニックな世界が、東京2020オリンピック・パラリンピック以降の人と生命と世界のあり方を人々に問う作品です。

主催 特定非営利活動法人スローレーベル、象の鼻テラス
共催 独立行政法人国際交流基金
特別協力 スポーツバイアートイニシアチブ、太陽工業株式会社、TSP太陽株式会社、ヤマハ株式会社、ヤマハ発動機株式会社
後援 ブリティッシュ・カウンシル

http://www.slowlabel.info/project/movement/
http://www.slowlabel.info/project/factory4/



現代詩手帖2月号の特集・川田絢音の詩に、
エッセー「川田さんは小さなリュックで移動するが」を寄せています。
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/



『ユリイカ』2016年2月号から「今月の作品」の選者となりました。
http://www.seidosha.co.jp



文芸埼玉第94号に、詩作品「孤独な水位」を寄せています。
http://www.saitama-bungakukan.org



予約受付終了いたしました。

2016年4月3日(日)
谷川俊太郎トリビュートLIVE「俊読 2016」
 
開場/18:00 開演/19:30(終演/22:30)
 
◇出演
谷川俊太郎
三角みづ紀
音立日子
佐藤文香
蛇口
大島健夫
アンドリュー・カンパーナ
立本夏山
八男
桑原滝弥

◇料金
予約/3500円 当日/4000円
(税込。飲食代別途必要)
※予約の段階で会場定員数に達した場合は、当日券の発行はいたしませんのでご了承ください。
◇会場
クロコダイル
(東京都渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口B1F)
TEL:03-3499-5205

◇お問い合わせ
詩人類
TEL:090-8545-2708

俊読に再登場です。お見のがしなく!



遠藤ミチロウ監督ドキュメンタリー『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』
新宿K’s cinema 封切初週、日替トークイベント開催決定




[日替わりゲストラインナップ]
監督・遠藤ミチロウが日替わりゲストと対談形式のトーク!
1/23(土)阪本順治(映画監督)
1/24(日)遠藤賢司(音楽家)
1/25(月)奈良美智(画家)
1/26(火)一条さゆり(踊り子)
1/27(水)三角みづ紀(詩人)
1/28(木)銀杏BOYZ 峯田和伸(ミュージシャン)
1/29(金)????(近日発表)

K's cinema初週上映回【1】14:45〜/【2】16:50〜/【3】18:50〜
*トークイベントは18:50の回の上映後。この回本編ご鑑賞の方、トークイベントも続けてご参加いただけます。
*2/10(水)迄は一日3回上映。以降は連日21:00〜の1回。終映日は未定。劇場へお問い合わせください。

【劇場】
K's cinema
東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
(JR新宿駅 東南口より徒歩3分/東口より徒歩5分)
TEL 03-3352-2471

http://www.ks-cinema.com

公式サイト
http://michiro-oiaw.jp



2016年1月1日発行
ろうけん鹿児島 82号に、
エッセー「こぼれおちたものもの」の連載6回目を寄せています。

http://www.kagoshima-roken.or.jp/rouken_kagoshima/index.html



2015年12月28日(月)発売
現代詩手帖1月号に詩作品「恵庭」を寄せています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUYI
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/

Powered by
30days Album