<< 世界に投函する/三角みづ紀×須藤洋平×荒谷良一 | main | かみさま、おいで >>
2013.12.26 Thursday

としこすために。






「冬の散歩道」
「あてもなく生きられないなんて」
「ばかげています」


台所はわたしに適した場所で
あるのですが

(いつだってわたしは冷蔵庫に住んでいます)


まわりだした換気扇をみながら
原稿はあと僅か


とびきりの興奮を頂戴!

おもいたった苦行を
昨夜からはじめて

こんどは失敗しないよう
甘いコーヒーを
胃におさめた。



いつだって移動できるように、
ごみ袋がふくれあがっていく。


Powered by
30days Album