<< モリサワさん | main | いきている話。 >>
2013.12.31 Tuesday

2013年 お知らせ(12/25更新)





参加しております図書館系ジャズユニット・ライブラリの
セカンドアルバムの販売が開始いたしました。



Library 『Light』
蛯子健太郎 Kentaro Ebiko(composer, contrabass)
橋爪亮督 Ryosuke Hashizume(sax)
飯尾登志 Toshi Iio(piano)
井谷享志 Takashi Itani(percussion)
三角みづ紀 Mizuki Misumi(voice, reading, vocal)
APOLLO SOUNDSより、2013年12月11日発売予定。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FPXHAEG

このアルバム、何十回か聴いたが、聴けば聴くほど体に馴染んできて、(サイン波を含めて)五人のメンバーが作り出す一音一音がますます快く納得できるようになってくる。「耐久度テスト」の結果も良好であることをご報告しておく。
―柴田元幸

12songs
59min.45sec.
music by Library
photos: 河原朝子 Tomoko Kawahara

1stアルバム「dream/story」が坂本龍一に絶賛されるなど、高い評価を得ている図書館系ジャズユニット・ライブラリ。文学とジャズの融合、その独自の世界観をよりクリスタライズさせた3年振りの2ndアルバム「Light」。高度に展開する文学的ディテールを伴った世界観に強く共鳴した中原中也賞詩人・三角みづ紀が正式メンバーとして加入し、アメリカ文学者で翻訳家である柴田元幸が1800字のライナーノーツを寄せている。メンバーはクリエイティブシーンを牽引する強者たちであり、ベーシスト/コンポーザーの蛯子健太郎が提示する文学性に、化学反応として彩る。楽曲は周波数によって構築されており、今回はサイン波で紡ぐ純粋スペクトルな音場も味わえる。全ては「物語」に対する蛯子の心からのオマージュである。





2013年しずおか連詩の会に参加いたします。

参加詩人:野村喜和夫、福間健二、石田瑞穂、三角みづ紀、文月悠光
監修:大岡信

11月24日(日)
入場料500円
開場 13:30
開演 14:00
グランシップ11階会議ホール・風
静岡市駿河区池田79−4(JR東静岡駅南口隣接)
http://www.granship.or.jp






春に刊行しました、
連詩集「悪母島の魔術師」(思潮社)
新藤凉子、河津聖恵、三角みづ紀 にて
第51回藤村記念歴程賞を受賞いたしました。





2013年9月12日発売
第5詩集「隣人のいない部屋」



泣きたくもないのに
わざと泣くとき
たましいを売っているんだ(着水)


街のざわめきが、人の吐息が、旅の孤独が、コトバに凝固していく。
スロヴェニアから、イタリア、ドイツへ――28日間の旅が刻む、28の詩と写真。
全篇書き下ろしによる、待望の第5詩集。

思潮社
定価2200円(税抜)
ご購入は思潮社にて→
http://www.shichosha.co.jp/newrelease/

Amazonでの販売開始しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4783733791/ref=cm_sw_r_tw_dp_28bssb13ZWF2D





詩集、CD、入手しづらい手作りのグッズ等、
インターネットでの
委託販売をはじめました。

Gomi Konton Store
http://www.gomikontonstore-zakka-lgbt.com/





2013年10月03日〜10月07日



リトアニア
国際詩祭
「第24回ドラスキニンカイ詩の秋」
http://www.pdr.lt/en/

招致いただきました。
単身、リトアニアに、向かいます。
憧れのリトアニアで朗読できることが
いまから楽しみです。





福間健二さんのワークショップに
ゲストとして登場します。

9月7日(土)
「詩のワークショップ」
講師:福間健二
ゲスト講師:三角みづ紀
時間/15時〜17時
場所/国立市公民館 地下ホール(国立市中1−15−1)
申込先/TEL 042-572-5141
FAX 042-573-0430

福間先生のワークショップに
通っていた21歳のときを考えたら
ゲスト講師だなんて感慨深いです。
どなたでも無料で参加できます。
一緒に詩を書きましょう。





巻頭特集『35歳までにやっておきたいこと』の
文化人・著名人コーナーに
写真付きでアンケートが掲載されます。

7月27日(土)発売


OZ plus (オズプラス)
2013年 09月号
特集『35歳までにやっておきたいこと』
発行:スターツ出版
定価590円
http://www.ozmall.co.jp/books/ozplus/

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DWAAS70

ぜひとも、お手にとって
みてみてくださいね。
いかにも三角っぽい回答になっています。
でも真剣です。





7月8日(月)発売
三角みづ紀Kindle詩集『夜の分布図』



‐発端はあなたが理解できない言語を使いはじめたこと。
そうして鳥のように窓からいなくなって、
羽は濡れるものではない、と、
叫びながら途方に暮れた。

中原中也賞詩人である三角みづ紀による、初のKindle詩集。
全篇書き下ろしである30の詩から描き出される、
あなたがいなくなった一夜の詩という物語。
奇妙であり、劇的であり、わたしたちのありふれた物語。

発行:株式会社マイナビ
定価238円
http://book.mycom.co.jp/

Amazonでのご購入は、
http://www.amzn.to/12dIpqw


Kindleストアはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DS3UJNE/ref=tsm_1_fb_lk

iBookStoreはこちら↓
https://itunes.apple.com/jp/book/yeno-fen-bu-tu/id670220082?mt=11


表紙と挿絵は、イラストレーター・ハチさんです。





詩と思想7月号特集『WOMEN!』に
詩作品「あなたがしんだらわたしはかなしい」を寄せました。

2013年6月28日発行
土曜美術社出版販売
http://www5.vc-net.ne.jp/~doyobi/
Amazonでのご購入は、こちら





7月6日(土)
南日本新聞文化面、
リレー随筆『週末エッセー』のコーナーに
エッセー「感覚をうけつぐ」が掲載されます。





7月7日(日)
第17回ポエケット出展します。

午後1時半から7時半ぐらいまで
料金:入場無料
場所:江戸東京博物館1階会議室

http://www.poeket.com/

会場:江戸東京博物館
東京都墨田区横網1-4-1
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/floor/

今回は、連詩集「悪母島の魔術師」を新作として持っていきます。
他には、森探しカードや缶バッチ、CDなど。
ブースはD2、三角みづ紀の名になります。
ふるって会いにいらしてくださいませ。





イリプス 11号に
詩作品「うしろ、見るな」を寄せました。

2013年5月20日発行
澪標
http://www.miotsukushi.co.jp/ 





2013年6月1日-11月24日
田中功起さんのプロジェクト、
『a poem written by 5 poets at once』に参加しています。

第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ 国際美術展 日本館
http://2013.veneziabiennale-japanpavilion.jp/

参加詩人:柏木麻里、斉藤倫、管啓次郎、橘上、三角みづ紀





2013年4月30日発売
連詩集「悪母島の魔術師」
新藤凉子、河津聖恵、三角みづ紀

思潮社
定価2000円(税抜)

現代詩手帖にて連載しました、
連詩が1冊の詩集になりました。

Amazon
http://www.amzn.to/14zW5uP





和田まさ子さんの個人誌、
『地上十センチ 第3号』に
作品「その視点」を寄せています。

2013年4月15日発行
定価500円







2012年春にてづくりした、
三角みづ紀・瀬戸尚幸のCD「おしまいと温度」が
Amazonで購入できるようになりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BU1OQ9E/






Trip for Poetry Book
詩集への旅

3月24日から4月21日まで、スロヴェニア・イタリア・ドイツなど巡ってきます。
これはTrip for Poetry Bookというプロジェクトです。
スロヴェニア・リュブリャナで2回、
ドイツ・ベルリンで2回、声のパフォーマンスを行ないます。

その間のご連絡は
info@misumimizuki.com までお願いいたします。





参加しています。

「詩の電車」vol.2「結晶」
〜6人の詩人と6種の鉱石〜

2013年2月16日(土)〜4月14日(日)
会場:京都府 叡山電車
参加詩人:
文月悠光
谷郁雄
三角みづ紀
暁方ミセイ
永方ゆか
マツザキヨシユキ

http://shi-no-densha.tumblr.com/





ポエガールたちの文通がはじまりました。
不定期、予告なし更新です。

http://poe-girl.tumblr.com/poegirl





現代詩手帖1月号、現代日本詩集2013に
作品「終焉#30」をよせています。

Powered by
30days Album