2017.03.26 Sunday

2017年03月25日のつぶやき

04:06
雪が降らないかなと窓のそとをみる朝、真夜中。コーヒーを淹れる。
05:58
今日も朝がきたよ。うれしいね。書きたいことを書き上げたから上機嫌でヨンチアたちが置いていってくれたココナツミルクを牛乳にいれた。 https://t.co/Ujz2fZ34S2
07:43
事務所で必死になって請求書作成しているところを、りょうたろうさんが描いてくれました。地味に似ていてさみしい。もっと可愛く生まれたかった…。 https://t.co/nO13a7RCZi
12:39
昨日は痛そうな霰が降っていて、下山する東方さんの車に乗せてもらう。ありがとう!シンヤチサトさんの「カスタネットちゃん絵本」展 へ。絵本買えた!かわいい。展示は4月9日までだそうです。カスタネットさん(@castanet1996)の… https://t.co/QRCjvHH3mH
12:44
きょうは、個人的に、決戦の日といいますか、とにかく推敲をくりかえす日です。息をひそめます。
16:58
RT @kaiji_staff: 「KEGON 光と現代音楽とダンスのスペクタクル」多賀城市文化センター 演出:志賀野桂一 音楽:松下功 演奏:アンサンブル東風 ダンス:佐取純子、佐取純子モダンバレエスタジオ、多賀城市内および周辺の子どもダンサーたち、森山開次 光のアート:ヤマ…
22:46
今日という日を全力でかけぬけた!と充足して、推敲した4つのエッセーを送って、身体中が湿布だらけで、目がしばしばして、お風呂にはいってねむろうとしたらゲラが届いていた。わたしは、書きたいことを書くことができたならば、もうしあわせなのだなあ。毎日にありがとう。
2017.03.25 Saturday

2017年03月24日のつぶやき

06:19
起きたらますますの雪。中原中也の詩みたい。だいすきな「雪が降ってゐる……」を暗誦する。ああ、きれいだ! 雪が降ってゐる、   とほくを。 雪が降ってゐる、   とほくを。 捨てられた羊かなんぞのように   とほくを、 雪が降ってゐる、   とほくを。
07:30
RT @BooksARUDE: 『ふがいない僕は空を見た』や『晴天の迷いクジラ』『すみなれたからだで』の窪美澄さんの最新刊『やめるときも、すこやかなるときも』(集英社さん)が、3月24日に入荷します! 欠けた心を抱えた男女の、共に生きることの温かみに触れる長編。装丁の桜だけで、…
07:34
窪美澄さんの最新刊『やめるときも、すこやかなるときも』(集英社)が、本日3月24日に発売だそうです。ほんとうにすばらしくて、愛おしくて。必読ですよ!わたしはこの物語で人生変わった。 https://t.co/nGUWbCaeqH
22:13
いま、とても眠いし、ちょっとくらい たくさん眠っても罪じゃあないんだっておもった かんちゃん、ありがとうございます おやすみなさい
2017.03.24 Friday

2017年03月23日のつぶやき

02:01
困らせてしまったとおもう夜だ たくましいてのひらみたいな夜 その、そのもののような夜 泣かない
07:50
夜中2時に眠って、4時半に起きる。窓の外を眺めながら、滞在してからみっつめのエッセーを書く。いまから睡眠薬飲んで、しばらく眠って、推敲。 https://t.co/cJl8GnMM4F
07:55
昨日、お散歩しながら、天神山のみんなへのお土産として買った可愛いケーキ。いつもありがとうございます、おやすみなさい。 https://t.co/Hy47TJ81VY
19:48
RT @64higashizawa: 今の「ユリイカ」って三角みづ紀さんが投稿詩の選者なんですね。
19:49
RT @yokosuka023: 【前橋文学館 3 】文学館の隣りや周りは大変風情のある所だった。萩原朔太郎賞の碑があり、第22回受賞者の三角みづ紀さんの詩が刻まれていた。隣りには風河というバルがあり料理とともにお酒も飲める。入口には朔太郎と青猫をモチーフにした版画が。広瀬川沿…
22:00
雪が降っていた、いましかないとおもった、山から降りた、うつくしいものみつけた、頭のなかで冒頭があざやかにうかんだ、スタジオに戻った、息がきれる。
2017.03.23 Thursday

2017年03月22日のつぶやき

11:35
i received this! i am happy. thanks;-) https://t.co/xjUjxrqXgp
2017.03.22 Wednesday

2017年03月21日のつぶやき

07:02
昨日、六花亭のぼたもち食べたよ。春分の日がすぎたから、あらゆるあたらしさ。今日は下山して野菜買いにいこう。 https://t.co/W4Ulke0m45
07:17
「いい。まだ僕等は、この調子で。」
12:57
駅前のスーパーマーケットへ野菜の買い出し。公園側から下山したら、雪の罠にかかり、往復で転びました…。からだが痛い。天神山の雪道にケアフル!
18:47
小田さんが象にて!!行きたかった! https://t.co/0gxZSULo7o
23:29
楳図かずおさんの『わたしは真悟』がだいすきでだいすきで、でも手元になくって、大賀をそそのかし、全巻買ってしまった大賀から借りて一気読み。ほんとうにすばらしい作品。最後に愛が残るのだ。よかった。響いた。あと大賀ありがとう。今日はエッセーふたつ書けたし、良き日。
23:31
愛を無下にしたらだめ。いちばん大切なものだから。おやすみなさい。
2017.03.20 Monday

2017年03月19日のつぶやき

06:34
RT @skky_itohen: 美術作家:植田志保さんの新作展[色のすること_みずいろのこえ]は、明日2017年3月19日(日)最終日。この機会にぜひ! https://t.co/UkxbNfZg5m https://t.co/c6oaeJm3PP https://t.co…
11:38
今日の朝焼け。いっかげつよろしくお願いしますの気持ちで相馬神社へ詣でて、おみくじをひいたら大吉でした。 https://t.co/2jMmgPjPoX
16:39
スマホがおかしくなったからお店に持っていったけど原因不明だったから、いわゆるガラケーにしました。iPadあるし、ネット要りません!を強調したので、通話しかできない最新の小型電話機を手にいれました。お店で数時間要して、いろいろ計画が崩れてすみません。
22:19
あまりにブログをおろそかにしてブログがかわいそうなので、 ツイッターに書いたものをブログにも掲載できるシステム導入しました。 本当に書きたいことはエッセーに書きたいから、心にしまうけれど。 明日から闘う姿勢です。
22:28
かんちゃん ありがとう よく眠れそうです おやすみなさい
2017.01.29 Sunday

台湾料理ごとうでのイベント詳細

 

昨年9月から日記を書いておりませんのに、

2017年初の日記はなんとイベント詳細です!

北海道からかえったら写真くらいはアップするので許してね。

(今年もあたらしい本を皆さまのお手元に届けたいから、そういう事情もあるのね)

 

・・・・・

 

2017年1月30日(月)

台湾料理ごとうプレゼンツ

「三角みづ紀とヌルマユ永井の詩の学校(ライブ付)」

 

詩の学校:20時〜

朗読、歌:21時半〜

参加費:¥1000+1オーダー

 

住所:北海道札幌市中央区南4条西1-6 Ms仲町 1F

電話:011-251-3676

ツイッター:https://twitter.com/taiwangotou

 

こちらの「詩の学校」の詳細ですが、

いつもおこなっている手紙の詩を書くワークショップではなく、

参加費とともにオーダーしていただくメニューをタイトルに、

詩を書くワークショップをおこないます。

台湾ビール蜂蜜味を注文した方は「台湾ビール蜂蜜味」の詩を、

小籠包を注文した方は「小籠包」の詩を書きます。

わたしは魯肉飯が好きなので、魯肉飯の詩を書くかな?

 

紙と鉛筆は準備いたしますが、筆記用具を持ってきていただけたら

ありがたいです。

 

そして、この日にみんなで書いた詩はのちに「ごとう詩集」として

お店に置いていただこうかとおもっています。

手作り詩集になりますけれど。

 

おいしいご飯を食べながら、おいしい詩を書きましょう。

 

もちろん見学だけでも大歓迎!!詩でなくとも、短歌・俳句も歓迎!

 

21:30あたりから、永井さんのライブと、わたしの朗読やります。

朗読はループマシーン使います。

 

いらしてね!北海道で新年会の心地である。

昨年に上梓した詩集『よいひかり』も5冊くらい持っていきます。

 

1月8日から2月2日まで札幌に滞在しております。

横になっても3時間くらいで起きてしまい、

驚くほど眠れないのですが、なんでだろう。

 

 

2016.09.27 Tuesday

9月頭のブリュッセル

 

弾丸でしたが…

9月7〜13日にブリュッセルの詩祭へ招聘いただきました。

 

日本からは大島健夫さんと橘上さんと。

出国から帰国までずっと詩人たちといっしょなのははじめてで、

なにやら修学旅行の心地でした。

 

すきまをみつけて遊びもしたよ。

 

それらの写真の日記です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滞在したJetteという町は、

ちょうどいいひろさで大好きになりました。

 

大島さんと橘上に感謝。

 

 

 

2016.09.02 Friday

めまいのこと

 

この3年ほどめまいに悩まされていて、

主治医に相談しながらいろいろ対処しているのですが、

どうにもいっこうに良くならず、

わたしにとっては深刻な話なので書いてみることにしました。

 

時期的には、2014年の冬で、朔太郎賞をいただいたあとで、

わーっと忙しくなって、眠る時間もほとんどとれない時期がありまして、

そんななかでどうしても聞きたい講演があり、参加していたら、

肉体から精神が離脱する感覚があって、

わかりやすく言ったら「すごく眠いときに身体がぐらぐらするけど意識は鮮明」で、

え!とびっくりして会場からそそくさと退散してトイレの個室で呆然としていました。

そのとき眠かったかといったらそうでもなくて、講演の内容も覚えているし、

おもしろかったしもっと聞きたかったんですね。

 

前日寝てなかったからかなあと思っていたら、

やはり「ちゃんと座る」ときにめまいが起こる。

で、周囲のひとに事情を説明しわたしの状態を見てもらっていたけど、

はためでは異変は感じないと。

 

そこからけっこう長いつきあいのめまいですが、

おそらく自律神経やらなにかがぶっ壊れて、時折ちょっと良くなるようで、

座って映画を観ていても平気、でもその翌日はめまいで途中離脱のような日々をくりかえしています。

 

これって何が深刻かというと、そういう場へ積極的に参加できなくなったこと。

トークショーや講演会へもっと行きたいのですが。

あと、贈呈式でもそうなるときがあり、お祝いの場に泣く泣く参加できないときも。

 

いちばん後ろに座る、あるいは立ったまま参加することが

いまのわたしには安心するみたいで。

もしかして、はじめのめまいのときはほんとうに眠くて、

そのことがきっかけで「ちゃんと座ってるかな」と不安になって緊張して、

ちゃんと座っていられないのかなあなんて思ったりしていますが、

 

ほんとうにひどいときは自分が壇上に座っているにかかわらず、

めまいがはじまって会話に集中できなくなるので、

ここはもう、いさぎよく立ってトークして「張り切っちゃった」感をだそうと考えました。

気合いはいりすぎたひとになろう。ポジティブ人間。

講演会を聞いている身としていきなり立ち上がる勇気がでないのですが。

 

 

この夏、ひさしぶりに暑さで頭もうまくまわらないような状態で、

会食の席でもめまいがはじまるときがあり、

昨夜は下を向いて食べる代表格の「もずく」を食べることができなかった。

 

もずく好きなのに、もずく…。

 

下を向いた瞬間にぐらっとめまいがするんですね。小さく痙攣も。

でもそれは、自己の意識のなかで増幅された症状かもしれず、

 

来年の梅雨くらいからどこかにこもって黙々と仕事をし、

お風呂にゆっくりつかって規則正しい生活をしてみたいなと考えています。

 

こういうのって、多分、治療というより、自分が「大丈夫だ」ってならないと、

治らない気がするので。

じっさいに検査してもわからないのですし。

先日の大阪と福岡のトークイベントはリラックスしておこなったからめまいは起きなかったので、

緊張して脳に酸素がまわらなくなるのでしょうか。

なにごともタフに自由におこなおう。

 

 

わたしはいつか、もずくを食べて食べまくることができるようになります。

目標はもずくになることです。

 

めまいがありますが、移動しまくって元気です、多分。

 

なにより昨夜は敬愛する方のお話を聞けてほんとうによかった。

これからもっと忙しくなるから無理はしないで緊張しないでという言葉が沁みました。

 

ずぶとく生きるよー。

 

これを読んでくださった方、同席している場で、

三角がいきなり立ち上がったら「もずく!」と声かけてください。

 

 

2016.07.30 Saturday

7月のおしまい、ニューヨークより。

 

ニューヨークでの日本映画祭、JAPAN CUTSに

参加のために、はじめてのアメリカ大陸です。

 

7月19日の夜が明けるまえに羽田空港へ、

7月30日の昼ごはんのころにJFK空港から。

 

夜中にはいそぎの詩を書いて、

昼間にはめいっぱい散策して、

復路の機内ではしめきりの近いエッセー書かねば。

 

帰宅したらユリイカの詩の投稿作品と向き合います。

 

30も半ばになったらほんとうに体力がないよ。

もとより持病はありますが、気力が途切れるのがはやいのです。

それが大人になるってことですね。

 

そんなことを説くよりも、これらわたしの光景です。

10日強のはじめてのニューヨーク滞在。

まもなくホテルをチェックアウトするので、

またまた写真ばかりを。

 

この滞在の後半の写真がメインです。

 

すこしは伝わりますように。

来年はバンクーバーに招聘していただくよ。

北米大陸がつづきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうにたくさん

ありがとうございます。

 

だいすきな、だいすきな町になりました。

 

無事に帰宅しますよ。

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album